携帯からは http://wasanbozu.bbs.fc2.com/
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
アイコン
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

あんこ博覧会 - 和三坊主

2017/09/11 (Mon) 22:58:29


9月20日(水)から日本橋三越で
あんこ博覧会
という催事が開催されるそうです。

専用ページができていましたので、
ご紹介します。

http://www.mitsukoshiguide.jp/anpaku/

この催事に出店する予定の
七里香(新宿区早稲田)
に先日行ってきました。

買ったお菓子、どらやき、もなか、豆大福
どれもおいしかったです。

Re: あんこ博覧会 - 和三坊主

2017/09/20 (Wed) 18:48:00

今日、行ってきました。
日本橋三越で行われる催事としては規模は小さめ。
初日にしてはあまり混んでいませんでした。

売っていたものの中で、僕のおすすめは
大和屋(長岡市)の「栗甘美」1026円
ほぼ栗餡でできた棹物です。

試食もできます。

東京では通常は扱うところはないと思います。


なお、七里香は最中とどらやきは売っていましたが、
豆大福は催事では扱いがなかったです。

栗きんとん 一覧表 - 和三坊主

2017/09/18 (Mon) 19:02:02


つくね芋きんとん、百合根きんとんに続いて、栗きんとんも
リストアップしてみました。

ほかにもご存知なら教えてください。


森の香本舗(仙台市) 芯は不明 来月行くので確認してきます

越後屋若狭(東京・本所) 芯は小豆こし餡

虎屋(東京・赤坂) 芯は求肥で包んだ小豆こし餡 銘は「栗粉餅」

森八(金沢市) 芯も同じ餡 上部に栗片

水本(金沢市) 芯も同じ餡 すごくおすすめ

行松旭松堂(石川県小松市) 芯は小豆こし餡 値段の割においしい

松花堂(岐阜市) 芯は小豆こし餡 栗のホクホク感がとてもよい

とらや本店(岐阜市) 芯は上り餡=小豆こし餡 銘は「栗こきんとん」

川口屋(名古屋市) 芯は道明寺

両口屋是清(名古屋市) 芯は小豆こし餡

OCOBO(名古屋市) 芯は求肥と小豆こし餡 銘は「栗餅」

川村屋賀峯(愛知県一宮市) 芯は小豆こし餡 下半分は白餡のソボロ

末富(京都市) 芯は小豆こし餡 下半分は白餡のソボロ

緑菴(京都市) 芯は小豆つぶし餡

嘯月(京都市) 芯も同じ餡 白餡の割合が多い 非常に繊細

亀末廣(京都市) 芯は小豆こし餡

聚洸(京都市) 芯は不明 めったに作らない

二条駿河屋(京都市) 芯は小豆こし餡

千本玉寿軒(京都市) 芯は小豆こし餡

平安殿(京都市) 芯は栗粒の甘露煮

とま屋(京都市) ソボロは栗餡&白餡 芯は栗餡

愛信堂(京都市) 芯は小豆こし餡

甘楽花子(京都市) 芯は小豆つぶし餡 白餡の割合が多い

樫舎(奈良市) 芯は小豆こし餡

本家菊屋(奈良県大和郡山市) 芯は小豆こし餡

Re:栗のそぼろを使ったお菓子 - くうこ URL

2017/09/18 (Mon) 22:39:46

栗きんとんと聞くと、まず、正月にいただくさつまいもを潰して、その中に栗の甘露煮を加えたものを思い浮かべてしまいます。
それはさておき、きんとんと言えばそぼろをつけたお菓子なのに、栗きんとんというと栗を潰して絞った形のものが主流な気がします。不思議です。

私は上記のリストでは、とらやのもの、川口屋のもの、松花堂のものをいただいたことがあります。

ストレートな栗そぼろのきんとんはとらやと川口屋と松花堂のものしかいただいたことがありませんが、ちょっと変化球なら二つほどいただきました。

名古屋の美濃忠のものは芯が渋皮煮ですが、その芯が見えてます。
https://jekyllandhyde1965.tumblr.com/post/152479090730/
半田の松華堂はそぼろではなくて小田巻になっています。
https://jekyllandhyde1965.tumblr.com/post/165032083644/

それ以外に、いただいたことがないのですが、岐阜の川上屋も変化球でこんなのがあります。
http://www.kawakamiya.co.jp/products/detail.php?product_id=6
今年の虎屋(東京)にはこんなのもありました。(食べてません)
https://www.toraya-group.co.jp/toraya/products/namagashi/sasaguri/

もうひとつ、ストレートな栗そぼろのきんとんは岐阜のとらや本店で「栗こきんとん」として出しているそうです。芯は上がり餡だそうです。こちらのお菓子は美味しいので、栗こきんとん、食べてみたいです。

Re: くうこさん - 和三坊主

2017/09/19 (Tue) 09:52:48

茶巾絞りタイプと、栗餡を使ったソボロの上生菓子、
両方とも「栗きんとん」と呼ぶのはすごく紛らわしい
ですね。

「栗きんとん」で画像検索すると、おせちか、
茶巾絞りばかり出てきてしまいます。
ソボロのほうを探したいときは、とても不便です。

上生菓子店では茶巾絞りタイプのほうを
「栗茶巾」と呼んでいる店もあり、そのほうが
ずっと分かりやすいのに、と思います。

変化球4店、ご紹介ありがとうございました。

岐阜のとらや本店の「栗こきんとん」は
ネット上にぜんぜん情報がないですね。

以前とらや本店に買いに行ったとき、「東京から
来ました」と言ったら、店員さんがご主人を
呼んでくれました。

ご主人は、東京の一幸庵で修業したそうです。
しかも一番早く卒業した一番弟子とのこと。

そのご主人の作る白小豆つぶし餡が一幸庵の
ものとほぼ同じ味で、すごく興味深かったです。

Re: 岐阜のとらや本店 - くうこ URL

2017/09/19 (Tue) 23:24:46

岐阜のとらや本店は一幸庵で修行されたんですね。
それは知りませんでした。

岐阜で思い出したのですが、弁天堂でも栗粉餅ってだしてますよね。
http://www.kurikomochi.com/
ここ、四つからしか購入できず、あきらめました。

それと話はそれますが、とらや本店の斜め向かいにある餅屋さん、餅文は行ったことありますか。たまたま休みだったので、行けなかったのですが、ここも餅菓子があるし、岐阜の鬼まんじゅうがあるそうなので興味があります。

Re: くうこさん - 和三坊主

2017/09/20 (Wed) 18:33:31

ひとつ訂正があります。
一幸庵で修業したのは柳ケ瀬の虎屋のご主人で、
とらや本店ではありません。
勘違いです。すいません。

餅文という和菓子屋さんは全然知りません。
来年の5月に岐阜に行こうと計画している
ので、そのとき行ってみます。

弁天堂の栗粉餅は、以前テレビで放送されたとかで
一時期は行列ができていたらしいですが、僕が
去年の春に行ったときは、行列はありませんでした。

中津川では栗粉餅を作る店がいくつかありますが、
どの店も秋限定。
弁天堂は1年中作る珍しい店ですね。

どらやきで有名な池袋の「すずめや」には行かれた
ことありますか?
10月~11月に「栗こ餅」を作ります。
すずめやのご主人は中津川の満天星一休で修業した
とのこと。
東京で中津川仕込みの栗粉餅が買える貴重な店です。

Re: 追加 - 和三坊主

2017/09/20 (Wed) 18:46:52

くうこさんの情報により
とらや本店

きささんの情報により
OCOBO

PDさんの情報により
とま屋

を追加しました

つくね芋餡のきんとん - 和三坊主

2017/09/13 (Wed) 22:36:37


つくね芋餡を使ったきんとんを教えて欲しいと
メールで問い合わせがありましたので、僕の
知っている店を列挙します。

ほかにもあったら、教えてください。


森の香本舗(仙台市) 芯は小豆つぶし餡

OCOBO(名古屋市) 芯は白小豆こし餡
          東海地方でつくね芋を使うのは珍しい

川村屋賀峯(愛知県一宮市) 伊勢芋使用、芯は備中白小豆つぶし餡

松花堂(岐阜市) 伊勢芋使用、芯は丹波白小豆つぶし餡

嘯月(京都市) 芯は白小豆こし餡

紫野源水(京都市) 芯は黄味餡

聚洸(京都市) 芯はカボチャ餡

二条駿河屋(京都市) 芯は黄味餡

千本玉寿軒(京都市) 芯は黄味餡

松寿軒(京都市) 芯は小豆つぶし餡

平安殿(京都市) 芯は黄味餡

愛信堂(京都市) 芯は黄味餡

老松(京都市) 色は白または紅白に染め分け、芯は小豆こし餡

青洋(京都市) 色は白または淡く染めたもの、芯は小豆こし餡

彩雲堂(松江市) 大和芋使用、芯は朝汐餡=小豆皮むき餡


※甘楽花子の「雪餅」は、おそらくつくね芋は使っていない

百合根餡のきんとん - 和三坊主

2017/09/13 (Wed) 22:37:51

ついでに百合根餡のきんとんを作っている店


塩野(東京・赤坂) 芯は小豆こし餡

楓(千葉市) 色は白または淡く染めたもの、芯は小豆こし餡

月乃舎(三重県東員町) 芯は備中白小豆つぶし餡

ZEN CAFÉ=鍵善良房(京都市) 芯は柚子餡

樫舎(奈良市) 芯は備中白小豆こし餡または青豌豆こし餡

Re: つくね芋餡のきんとん - PD

2017/09/14 (Thu) 06:48:34

記憶が曖昧ですが。。。

青洋(京都市)淡い色の付いたつくね芋のきんとん(老松でも作っていたかも)

愛信堂(京都市)確か1月?

彩雲堂(松江市)大和芋の白いきん

Re: PDさん - 和三坊主

2017/09/14 (Thu) 08:37:47

情報ありがとうございます

リスト修正しました


つくね芋も百合根も、都府県庁所在地ばかり
ですね。

Re: つくね芋餡のきんとん - くうこ URL

2017/09/14 (Thu) 22:15:01

無知で申し訳ないのですが、教えてください。

普通、きんとんって餡と芋を混ぜ合わせてそぼろを作るものなのかと思ってました。なので、大体のきんとんは該当するのかと思ってました。
因みにじょうよきんとんと呼ばれているものはじょうよ(芋)を使ってるから、該当すると考えていいですか?

Re: くうこさん - 和三坊主

2017/09/14 (Thu) 23:36:26

和菓子の製法にはあまり詳しくないので、
もしかすると間違っているかもしれませんが、
自分の理解していることを書きます。

上生菓子の「きんとん」は
芯=餡玉 ごくまれに餡以外も使われる
まわり=ソボロ状の餡
のようなお菓子を指します。

まわりの「ソボロ状の餡」は
(1)白餡に着色したもの
(2)(1)に求肥を加えたもの
(3)(1)に寒天を加えたもの
(4)(1)に山芋を加えたもの
など、お店により、お菓子により様々です。

山芋の種類には、つくね芋、伊勢芋、大和芋などがある。

「薯蕷きんとん」という言い方をした場合は、上記の
(4)を指しているものと考えられます。
ソボロの主体は白餡で、山芋は“つなぎ”のような役割。

これとは別に、ソボロの部分を、山芋だけ、あるいは
山芋に少量の白餡を加えて作るものがあります。
この場合、ほとんどの店では着色せずに、白いまま
ソボロにします。
真っ白なので、着色しなくても、そのままで十分に
美しいので。
作るのは、山芋が収穫された直後の旬の時期である
12~3月頃だけです。(店により多少違う)

リストアップした「つくね芋餡のきんとん」は、
最後に説明した「ソボロの主体が山芋」のものです。

ただし、お店によっては、相当な量の白餡を加える
こともあるようで、そうなると、
「ソボロの主体が山芋」のきんとん と
「薯蕷きんとん」とでは、風味の点ではそう大きな
差はなくなってしまいます。
山芋と白餡の割合が違うだけですから。

Re: 岐阜の松花堂 - 和三坊主

2017/09/15 (Fri) 00:39:43

松花堂のフェイスブック

https://www.facebook.com/shokadoh/?hc_ref=PAGES_TIMELINE&fref=nf

このページの左上の真っ白なお菓子が
ほぼ伊勢芋だけを使ったきんとんです。

右の画像の、ご主人の手にあるのは
丹波白小豆つぶし餡です。

白さがぜんぜん違いますよね。

伊勢芋を使った純白のきんとんは
11月末ころから作られます。

もしまだ召し上がっていないようでしたら
ぜひ。

Re: 春先バージョン - 和三坊主

2017/09/15 (Fri) 20:34:11

松花堂の伊勢芋を使った純白の
きんとんは、季節により若干
アレンジを加えることがあります。

画像は去年の4月に僕が食べたもの。
(クリックすると拡大される)

純白のきんとんの上部に、着色した
ソボロがのっています。

勉強になります - くうこ URL

2017/09/16 (Sat) 00:03:27

和三坊主様、
詳しい解説をありがとうございました。
とても勉強になりました。

岐阜の松花堂は私の味の嗜好にあっていたので、よけいに気になります。

名古屋はやっぱり伊勢芋を使ったじょうよきんとんが多いと思います。その中で特につなぎを使ってないか、少しの餡しか使ってないと思われるのが半田の松華堂だと思います。あきらかにきんとんの味が違いますから。

百合根ですが、写真は残ってないんですけど、楓では多分戴いてます。塩野ではいただいてます。かなり芋の味が強かったと思います。
https://jekyllandhyde1965.tumblr.com/post/134811367881/

また、色々と教えてくださいませ。

Re: くうこさん - 和三坊主

2017/09/16 (Sat) 11:02:13

くうこさんほど、名古屋の上生菓子をいろいろ食べたわけ
ではありませんが、愛知県のトップクラスの上生菓子店では
伊勢芋を加えた餡をソボロ状にしたきんとんが多いと
いう印象を持っています。

若干記憶があいまいですが、万年堂と亀広良のきんとんは
伊勢芋の風味はしなかったと思います。
この2店は他の上生菓子も京都的な部分が多いように
感じます。

松華堂は千代の糸ばかりでなく、普通のきんとんも
だいふ芋感が強いように思います。
「山芋が主体」のほうに含めてもいいような気も
しますが、食べただけでは正確な判断ができないので、
次に松華堂に行く機会があったら、尋ねてみようと
思います。
松華堂の場合、真っ白でも冬季限定というわけでも
ないので、よけいに判断が難しいです。

また、同じように見えても、白餡と山芋の割合を
季節ごとに変えている店もあります。
たとえば、仙台の森の香本舗。

百合根を使ったきんとんは旬は冬ですけれど、
千葉市の「楓」では、それ以外の時期にも作ることが
あるようで、入手しやすい店ですね。

今までに食べた百合根餡のきんとんでは、奈良市の
樫舎のものが一番おいしかったです。
ご主人が毎年秋になると北海道に自ら百合根を
掘りにいくそうです。
もっともおいしくなるのが、1月下旬くらいらしいので、
来年その時期に合わせて奈良へ行くつもりです。

追加しました - 和三坊主

2017/09/18 (Mon) 17:18:14

きささんから、伊勢芋のきんとん

川村屋賀峯でも作っているとメール頂戴しました。

リストに追加しました。


きささん、情報ありがとうございます。


森の香本舗(仙台市)
OCOBO(名古屋市)
川村屋賀峯(愛知県一宮市)

3店ともに京都で修業経験があります。


松花堂(岐阜市)は初代が大阪の有名なT菓子店で修業したと
現在のご主人からおききしました。

どのような経緯で、伊勢芋のきんとんが作られるようになった
のか、次に行ったときに尋ねてみたいと思います。 

百合根きんとん追加 - 和三坊主

2017/09/20 (Wed) 18:39:47

百合根餡のきんとん

月乃舎を追加しました

小饅頭@島田 - 和三坊主

2017/09/16 (Sat) 17:18:52


静岡県には“小饅頭”と呼ばれる小型の酒饅頭を
作る店が比較的多くあり、なかでも島田市には
狭い地域に集中してあります。

そのなかで人気を二分しているのが、
清水屋と龍月堂

清水屋は「黒大奴」でも有名ですね。

清水屋の小饅頭 - 和三坊主

2017/09/16 (Sat) 17:19:29

このような紙袋に10個くらい入って売っています。
午前中に売り切れることも多いそうです。

龍月堂の小まん頭 - 和三坊主

2017/09/16 (Sat) 17:20:04

こちらはシート上に並べてあります。

比較1 - 和三坊主

2017/09/16 (Sat) 17:21:10

左=龍月堂 右=清水屋
清水屋も小型なんですが、龍月堂はさらに小さい。

清水屋が500円玉くらい、
龍月堂が100円玉くらいでしょうか。

比較2 - 和三坊主

2017/09/16 (Sat) 17:22:27

中身です

清水屋の原材料 - 和三坊主

2017/09/16 (Sat) 17:23:11

糀を使う伝統的な製法です。
通常の酒饅頭よりモチ米の割合が多いため、
独特のモチモチ感があります。
そのかわり、時間が経つにつれ、どんどん
硬くなっていきます。

龍月堂の原材料 - 和三坊主

2017/09/16 (Sat) 17:23:47

こちらは糀も使ってはいるようですが、
膨張剤の助けも借りていて、硬くなり
にくいです。

どちらもとてもおすすめ - 和三坊主

2017/09/16 (Sat) 17:24:34

清水屋は本格的な味
龍月堂は親しみやすい味です。

名古屋の秋 - くうこ URL

2017/09/09 (Sat) 23:43:25

名古屋の秋で好きなお菓子を語らせてください。
まずはお店から。

全国和菓子リストに載っていないお店で行ったことのあるお店です。
(ごく僅かです。)

 もち源 
  HP: http://mochigen.com/
  住所:名古屋市東区泉1-11-8 (最寄駅は地下鉄の久屋大通り)
  名物:こく餅
   https://jekyllandhyde1965.tumblr.com/post/136833177830/
  餅菓子のお店で、ういろうや鬼まんじゅうなど、名古屋ローカルなものも置いてます。
  草餅がこし餡です。一度、ほかほかの鬼まんじゅうに出会いました。
  
 不老園
  HP: http://www.furouen.com/index.html
  住所:名古屋市千種区末盛通1-31(最寄駅は地下鉄の覚王山)
  不老園はもともと3軒あったそうですが、一軒は火事で消失。もう一軒はこちらのリストにも載っている東別院にあるお店の不老園正光(やわ葛が有名)です。 
 
 大蔵餅半田店
  HP: (本店の方:http://www.toko.or.jp/ookura/ )
  住所:愛知県半田市泉町1-4 新美ビル(最寄り駅は名鉄の知多半田)
  名物:大蔵餅
   https://jekyllandhyde1965.tumblr.com/post/165115086281/
  半田牛大福とか変わりものも多いです。夏はかき氷が人気みたいです。
  本店は常滑にあるようです。

------
和菓子に関連の深い喫茶

 松華堂茶寮
  住所:半田市広小路町155番地の3(最寄駅は名鉄の知多半田、クラシティ半田内にある)
  松華堂が出しているお店なので、松華堂のお菓子が食べられる。
  松華堂で小田巻(千代の糸など)を出していない時でさえ、ここで食べられることがある
https://jekyllandhyde1965.tumblr.com/post/163039117412/

 茶香 丸源
  住所:名古屋市中区錦3丁目5-4(最寄駅は地下鉄の久屋大通り)
  川口屋のお菓子をいただけます、種類は選べませんが。

秋の名古屋のお菓子(その1) - くうこ URL

2017/09/09 (Sat) 23:49:55

お店の紹介ではなくて、秋に名古屋でいただいたものの中で気に入ったものを紹介します。

まずは栗羊羹です。
 名古屋の栗羊羹は栗蒸し羊羹へ松風を貼り付けた二層構造です。
https://jekyllandhyde1965.tumblr.com/search/%E6%A0%97%E8%92%B8%E3%81%97 (こちらは1つ目以降の記事も栗蒸しになってます)
 東京でも名古屋で修行経験のある一幸庵で見ることができます。
 更に松風の替わりにかるかんをあわせるパターンもあって、こちらも美味しいです。(こちらは松屋長春や松華堂で見かけました)
https://jekyllandhyde1965.tumblr.com/post/152262902730/
 川口屋では冬になると栗なしの蒸し羊羹の上がり羊羹+松風も食べられます。
https://jekyllandhyde1965.tumblr.com/post/136899751950/  

-------
柿を使ったお菓子もあります。
 チャレンジャーな新作を色々と出して愉しい「小ざくらや一清」の黒柿はアイデアだけでなく、ちゃんと菓子として完成されてて美味しかったです。
https://jekyllandhyde1965.tumblr.com/post/155276503810/
 犬山のもちたけでも似たお菓子を作っています。
https://jekyllandhyde1965.tumblr.com/post/165151399416/
 芳光はわりとバリエーションを絞って定番のお菓子を出しているようですが、その中でいつもと違い、秋の定番と思われるのが柿餡と栗餡を楽しめる「実りの秋」です。
https://jekyllandhyde1965.tumblr.com/post/153455802253/
 普通のきんとんのようできんとん生地の中に柿を練りこんだものがあります。川口屋です。
https://jekyllandhyde1965.tumblr.com/post/156106507944/
 川口屋のこなしを使ったこちらのお菓子は餡に柿を練りこんでいます。
https://jekyllandhyde1965.tumblr.com/post/154659085934/
 不老園正光のお菓子で柿を使っています。
https://jekyllandhyde1965.tumblr.com/post/154489998919/
 餅菓子のお店、菊里松月の柿型のお菓子です。(あたりの時期、はずれの時期があるようです。)
https://jekyllandhyde1965.tumblr.com/post/153930168552/

秋の名古屋のお菓子(その2) - くうこ URL

2017/09/09 (Sat) 23:51:17

栗を使ったお菓子は沢山あります。
 栗といえばまず栗きんとんでしょうが、ここでは普通とちょっと違う栗きんとんを紹介します。
  むらさきやでは中に餡が入っています。
https://jekyllandhyde1965.tumblr.com/post/135137300150/
  きた川では栗そのものが栗きんとんとあわせてあります。
https://jekyllandhyde1965.tumblr.com/post/152781337132/  
 フルーツを多用し、スタイリッシュな創作和菓子を数多く作るお店、花桔梗の栗餅は美味しいです。
https://jekyllandhyde1965.tumblr.com/post/131705289432/
 花桔梗にはこんなものもありますが、初秋のものなので、晩秋にはないかもしれません。
https://jekyllandhyde1965.tumblr.com/post/154270866234/
 不老園正光(東別院)は和洋折衷の「やわ葛」で有名ですが、秋には栗バージョンがあります。
https://jekyllandhyde1965.tumblr.com/post/152911982541/
 羽二重餅で有名な松屋長春では栗を餡に入れた羽二重餅もあります。
https://jekyllandhyde1965.tumblr.com/post/131510858686/
 川口屋ではこなしで栗餡を包んだお菓子があります。
https://jekyllandhyde1965.tumblr.com/post/134015585371/
 川口屋のこなしでも、こなし生地に栗を練りこんだものもあります。
https://jekyllandhyde1965.tumblr.com/post/155699630941/
 川口屋ではじょうよまんじゅうにも栗を使ってます。
https://jekyllandhyde1965.tumblr.com/post/151902989361/
 山田餅本店でも栗を使ったお菓子があります。
https://jekyllandhyde1965.tumblr.com/post/134078281125/
 菊里松月の栗を使った大福です。ここでは栗のお菓子が多数あります。
https://jekyllandhyde1965.tumblr.com/post/154403478112/
 きた川の栗のお菓子です。
https://jekyllandhyde1965.tumblr.com/post/154614146869/ 
 こちらもきた川のお菓子です。
https://jekyllandhyde1965.tumblr.com/post/158174650484/
 栗をきんとんのそぼろに使ったバリエーションが幾つかあります。
  松華堂の小田巻に栗を使ったものです。
https://jekyllandhyde1965.tumblr.com/post/165032083644/
  美濃忠のものですが、三越栄店限定品でした。
https://jekyllandhyde1965.tumblr.com/post/152479090730/
  川口屋のもの、これ、食べ始めてから写真撮り忘れに気づいて撮り直したので形が変です。
https://jekyllandhyde1965.tumblr.com/post/154358404615/

-------
その他の名古屋で食べられる秋のお菓子を紹介します。

秋の定番といえば、猪の子餅でしょうか。
 花桔梗の柿を使ったものです。
 
 川口屋は柿と銀杏を使っています。
https://jekyllandhyde1965.tumblr.com/post/155189916124/
 老木やのものです。
https://jekyllandhyde1965.tumblr.com/post/134609308952/
 松華堂のものです。
https://jekyllandhyde1965.tumblr.com/post/134482413171/

いちょうも定番だと思います。
 松屋長春のものです。
https://jekyllandhyde1965.tumblr.com/post/135525919547/
 芳光のものです。
https://jekyllandhyde1965.tumblr.com/post/135462590312/

芳光の紅葉狩りです。
https://jekyllandhyde1965.tumblr.com/post/154531786957/
芳光の小菊です。
https://jekyllandhyde1965.tumblr.com/post/154703429283/
松華堂の小田巻です。個人的にはきんとん生地に関してはここが一番好きです。
https://jekyllandhyde1965.tumblr.com/post/131442799574/
松華堂の柚子時雨です。
https://jekyllandhyde1965.tumblr.com/post/132103652537/
菊里松月のかぼちゃ餅です。
https://jekyllandhyde1965.tumblr.com/post/154875600418/
宗旦忌に使われる銀杏餅です。川口屋です。
https://jekyllandhyde1965.tumblr.com/post/135337310323/
季節を選ぶ羊羹で、川口屋のものです。
https://jekyllandhyde1965.tumblr.com/post/137972025191/
鹿の子餅です。川口屋では栗とりんごも使っています。
https://jekyllandhyde1965.tumblr.com/post/151992933319/

蕎麦饅頭も晩秋から秋にかけて見られる気がします。
 川口屋のものです。
https://jekyllandhyde1965.tumblr.com/post/158007023559/
 川村屋のものです。
https://jekyllandhyde1965.tumblr.com/post/138363319350/

相当に絞ったつもりですが、結構な数になってしまいました。。。すいません。

Re: くうこさん - 和三坊主

2017/09/10 (Sun) 13:48:15

一代目の掲示板にはいろいろな人がどんどん
書き込みしてくれたのですが、二代目は
ちょっと寂しかったので、たくさん書き込み
してくださり、うれしいです。

数回に分けてレスポンスします。


もち源、丸源のことはぜんぜん知りませんでした。
機会をみつけて訪問したいと思います。

松華堂茶寮、大蔵餅については聞き及んでいま
したが、行ったことはありません。

大蔵餅の「大蔵餅」はテイクアウトできるので
しょうか?

不老園
今まで東別院が本店で、覚王山のほうが支店だと
勘違いしていました。
経営は別で、お菓子の内容も違うようですね。

覚王山の不老園には、近くにある和菓子菓寮
OCOBOに3月に行ったときに、店の前を通り
がかりました。
そのとき「やわ葛」が売っていないような様子
だったので、不思議に思っていました。

リンクを貼っていただいた覚王山の不老園のHPを
拝見しました。
この掲示板にときどき書き込みしてくださる
けんさんがずっと以前、「山里」という味噌松風と
蒸し羊羹の棹物がおいしいと紹介してくれたことを
思い出しました。

覚王山の不老園で、くうこさんのおすすめの
お菓子はありますか?

Re: お返事 - くうこ URL

2017/09/10 (Sun) 16:46:55

和三坊主様、
早速、ご確認いただきありがとうございます。

大蔵餅の本店は行ったことなんですが、半田の方には行きました。喫茶の方はかき氷の季節だったせいか盛況してましたが、基本的には餅菓子の店です。なので、お餅は大蔵餅を含め、持ち帰れます。
行ったことはないのですが、わりと近くに生せんべいの田中屋本店があったかと思います。(でも、こちらのお店の生せんべいは名古屋駅のJR高島屋にも入っているし、名古屋のスーパーでさえ見かけるのでわざわざ本店にいかなくても。と思ってます。因みに金山のイオンではいつ行っても売ってます。)

覚王山の不老園は実は1回しか行ったことがありません。春先だったので、いわゆる苺大福をいただき、美味しかったです。
https://jekyllandhyde1965.tumblr.com/post/164507049205/
桜餅は道明寺でしたが、印象に残ってません。
ホントはここも色々と試してみたいのですが、他でいっぱいいっぱいになってて。。。

不老園と大蔵餅 - 和三坊主

2017/09/10 (Sun) 17:41:09

不老園には11月に名古屋へ行ったとき立ち寄ってみます。

大蔵餅、評判がいいようなので、全国和菓子リストに
加えさせていただきます。情報ありがとうございました。

生せんべいは東京でも売っていて、年に1回くらい
無性に食べたくなるときがあって、たまーに買って
います。

20年くらい前に初めて半田の松華堂へ行った当時は、
松華堂のななめ前に田中屋の創業店が残っていました。

今の本店とは比べものにならないような木造の
小さな店でした。

どうも10年くらい前になくなってしまったようで、
今年の3月に行ったときには、まったく跡形も
なかったです。

Re: 秋の名古屋のお菓子(その1) - 和三坊主

2017/09/10 (Sun) 18:06:27

最初の「二重構造」の画像は、名古屋の名だたる
店がずらりと並んでいて壮観ですね。

名古屋では、味噌松風&上がり羊羹の“二重構造”
の棹物を作っている店もいくつかありますよね。

どうして名古屋には二重構造が多いのか、以前から
不思議に思っています。

名古屋の和菓子は、京都の影響を強く受けていると
思うのですが、京都に“二重構造棹物”ってたぶん
ないと思います。
(錦玉羹ではまれにある)

一宮の「ふくや」には行かれたことありますか?
上生菓子で、上がり羊羹&軽羹の二重構造があります。
すごくおいしいです。

柿の生産量を調べてみたら
1位 和歌山県
2位 奈良県
3位 福岡県
4位 愛知県
5位 岐阜県

生菓子に柿を用いるのは、愛知県と岐阜県に
多いと思っていましたが、柿がよくとれること
とも関係がありそうですね。

Re: 二重構造とふくや - くうこ URL

2017/09/10 (Sun) 20:47:53

二重構造は確かに京都でも東京でも見かけないですね。美味しくって好きなんですけど。

「ふくや」は是非是非行ってみたいと思っているお店の一つですが、一宮にも行ったことがありません。
一宮はモーニングで有名だし、他にも幾つか素敵なお店があるし、いずれ行こうと思ってます。

柿のお菓子は岐阜が有名なようだし、色々と行ってみたいのですが、名古屋で十分私の手に余っていてそこまで行けません。。。残念。。
ご紹介、ありがとうございます。

Re: 秋の名古屋のお菓子(その2) - 和三坊主

2017/09/11 (Mon) 19:21:08

きた川のような栗きんとんは初めて見ました。
挑戦的ですね(笑)

花桔梗の2番目に「生葛」が登場しますが、
透明な葛とは製法が違うのでしょうか?

松屋長春の「柚子とクリのかけらを加えた白餡
入りの羽二重餅」も興味深いですね。
僕は松屋長春には一度しか行ったことがなくて
そのとき買ったのは、うぐいす餡入りでした。

また一宮ですが、川村屋賀峯には行ったこと
ありますか?
秋に作られる栗餡入りの羽二重餅がおいしかった
です。
松屋長春より心もち柔らかさが上のような気が
します。

川口屋のこなしに栗が練り込んであるのは
食べたことないです。
伝統的な製法を超えない範囲で、独創的な
上生菓子を作るお店ですね。

松華堂の小田巻に栗餡を使っているのものは
初めて知りました。
ホームページには載っていないので、もしか
すると茶寮だけのお菓子かもしれませんね。

小田巻のきんとんは京都の聚洸という店でも
作っています。
松華堂の千代の糸を参考して、見よう見まねで
作ったとご主人が言ってました。
きれいにグルグル巻きにするのは、すごく
技術がいるそうです。

川口屋の栗きんとんもたぶん食べたことない
です。川口屋は普通のきんとんも芯が道明寺
ですが、栗きんとんもなんですね。

ソボロを使うタイプの栗きんとんは、京都には
多いですが、名古屋にはあまりないと思って
いました。
(僕は両口屋是清のものしか食べた記憶がない)

京都で亥の子餅と言ったら松華堂のような
タイプしかありませんが、名古屋はバラエティーに
富んでますね。勉強になります。
ただ、いのししの子にはあまり見えないかも(笑)

川口屋のもろこし羊羹、春に行ったときは店頭に
なかったのですが、冬に作られるものなんですね。
「もろこし羊羹」は日本中でおそらく川口屋と松華堂
でしか作っていないお菓子で、どうしてその2軒
なのか、前から不思議に思っています。

松華堂の初代は、名古屋に以前あった松花堂八幡で
修業したと、ある筋のかたからききました。
今まで調べたところでは、川口屋と松華堂の接点は
見つかっていません。

川口屋の蕎麦饅頭は、一般的な蕎麦饅頭と比べて
色が茶色っぽい気がします。
実際にそんな色なのでしょうか?

Re: 生葛から小田巻まで - くうこ URL

2017/09/11 (Mon) 22:40:42

一般には葛は二度蒸すそうです。最初にある程度蒸してから、餡を包んだりして加工してから、再度蒸すそうです。その二度目をやらないか、ちょっとしか蒸さないと透明にはならず、すりガラスのような半透明なみかけになります。これを「生葛」というそうです。
食感は固くならず、個人的にはこちらの方が好きです。その極めつけは川村屋の「可美物」でした。神業というのはこういうものをいうのかと思いました。
https://jekyllandhyde1965.tumblr.com/post/165102184025/

松屋長春はうぐいす餡入りがあるんですね!面白いです。こちらのお店、羽二重餅が名物だけにいつ行っても5種類くらいは羽二重餅を使ったお菓子を作ってます。人気の基本のものは5個セットで平日でも朝の8時半には売り切れたり、凄い人気ですが、それ以外の羽二重餅で良ければ予約は不要だと思います。
羽二重餅といえばご紹介いただいた川村屋賀峯は有名ですね。残念ながら行ったことはないんです。一宮、是非行ってみたいです。栗餡入り、美味しそうです。

松華堂のように綺麗な小田巻は他で見たことありませんが、それでも、東京で塩野、菊家、文銭堂本舗で見たことがあります。宜しければ見てください。(以下のリンクでは1こめ以外の記事もみてください。)
https://jekyllandhyde1965.tumblr.com/search/%E5%B0%8F%E7%94%B0%E5%B7%BB

聚洸でも作っているんですね。こちら、芳光で修行されたと聞いてます。こちらの主人はとても意欲的で素敵で、好きなので、いただいてみたいです。

ところで和三坊主さんは Facebook をやられてますか。
https://www.facebook.com/shokado.handa/#

9/7 15:12 の投稿に「栗千代」は載っているので、本店でも時期によっては売っているかと思います。(以前の新宿高島屋の名古屋直行便でもあったそうです。)
それと Kelly という東海地方の女性誌をご存知でしょうか。2010年5月号(春の和菓子特集)で、松華堂で小田巻を作っている過程の写真が載っています。

一度に返答できませんが、懲りずに今後の返答にもつきあっていただけると幸いです。

Re: くうこさん - 和三坊主

2017/09/12 (Tue) 11:17:08

フェイスブックは個人のアカウントを以前作りましたが、
ずっとほったらかしです。

松華堂のフェイスブック拝見しました。
この秋のうちになんとか栗千代たべてみたいと
思います。タイミングが合うといいのですが。

10月下旬に中津川へ行くために名古屋に泊まるので
そのときなんとか半田に行く時間も作りたいです。

栗千代は他の店にはない希少性の高いお菓子ですね。
全国和菓子リストにも掲載させていただきました。

小田巻の作り方が載っている雑誌、次の甘党の会の
ときに、もし可能なら持ってきていただけないで
しょうか。
以前からどのように作るのだろうかと興味を持って
いました。

生葛の作り方、たいへん勉強になりました。

聚洸の小田巻のきんとんは、構造としては松華堂と
同じです。作り始めた当初は若干不格好でしたが、
去年の4月に買いに行ったら、だいぶ美しく仕上がって
いました。松華堂には負けるかもしれませんが。

松屋長春の小豆餡入りの羽二重餅、当日予約分は
朝早くに行かないと入手できないらしいですね。
東京や名古屋のデパートにもときどき
入荷するようですが、4~5個セットというのが
ネックになっていて、まだ食べたことが
ありません。

Re: とりあえず残りへの返信 - くうこ URL

2017/09/12 (Tue) 20:54:50

松華堂茶寮はわりと出来てそんなにたっていないので、最初は定食があったけど、なくなったり、とかまだ決まってない部分がありますが、土日には小田巻があるのかもしれません。
ところで、こちらの茶寮に出かけたら絶対に本棚チェックしてみてください。そこにお話したKellyがあります。勿論、次回の和菓子の会に持っていくのはいいのですが、この調子だと、松華堂の茶寮へ和三坊主さんが訪れるのが早そうですから。
ついでですが、私は行ったことがないのですけど、半田には丸初製菓本舗というお店がありまして、そこには赤飯饅頭という餡の替わりに赤飯が入った饅頭があるそうです。
半田といえばJRの駅の方が松華堂に近いのですが、単線で遅いです。名鉄の知多半田だと松華堂茶寮に近いです。

栗千代や松屋長春の羽二重餅は新宿高島屋の秋の名古屋直行便で入手しやすいかもしれません。

聚洸のご主人はホントに意欲的ですね。

松屋長春の羽二重餅は5個セットとかなってますね。こちらに限らず名古屋では羽二重餅は欠かせない材料のようですが、羽二重餅を大きく使った二つ折りにしてあんこ玉を包むことによって、ほぼ羽二重餅で占められたお菓子になり、ふわふわの食感が強調されるところがこのお店の人気のポイントなんだと思います。
芳光の蕨餅といい、柔らかい食感を強調したお菓子は名古屋のお菓子の特徴だと思います。
例えば、あんころりんさんにいただいた塩芳軒の羽二重餅が薄く餡を包んでいて、やっぱり餡が中心となっていて方向性が随分違うな、と思いました。

川口屋ですが、いわゆる普通の栗きんとんも作っています。
https://jekyllandhyde1965.tumblr.com/post/153095080431/
栗や柿などテーマに併せて紹介したので、ちょっと変わったものを中心になってしまいましたが、川口屋はオーソドックスなものも色々と作っているし、それがまたとっても美味しいです。
もし宜しければ、以下のリンクを見てください。
https://jekyllandhyde1965.tumblr.com/search/%E5%B7%9D%E5%8F%A3%E5%B1%8B (一件め以降もほぼ川口屋です)
蕎麦饅頭、そんなに色が違うって意識ありませんでした。。。蕎麦饅頭、冬バージョン(クリスマスバージョン)ですが、こんなのもあります。(こっちの方が若干、色が薄い気がします。)
https://jekyllandhyde1965.tumblr.com/post/137302275010/

Re: 書き忘れた事 - くうこ URL

2017/09/12 (Tue) 21:25:34

京都以外でそぼろを使った栗きんとん、名古屋ではないのですが、お隣の岐阜県でもありました。松花堂です。
https://jekyllandhyde1965.tumblr.com/post/165257824021/

ところで、書き忘れたことは閉店情報です。
大変残念なのですが、納屋橋饅頭本店は今年になって閉店しているようです。何度か前を通っているのですが開いてません。

私にとって和菓子は祖父が名古屋に行って買ってくる美濃忠の上がり羊羹と父が名古屋に行って買ってくる青柳ういろうと納屋橋饅頭でした。
小さい頃に覚えた味というのは絶大なる影響を与えるんですね。
私の餡の味の標準は上がり羊羹と納屋橋饅頭、食感は上がり羊羹と青柳ういろうでした。
納屋橋饅頭は赤福とかに続いて偽装問題があったのがショックでしたが、閉店は本当に悲しいです。

Re: くうこさん - 和三坊主

2017/09/12 (Tue) 21:36:53

リンクを貼ってくださった川口屋のお菓子に対する
コメントは、くうこさんの川口屋に対する愛情が
あふれでていますね。

桑名市の「和」に行かれたことはありますか?
ご主人は、川口屋で修業したかたです。
川口屋と同じくらい素晴らしい上生菓子を
作っておられます。
1日に10種類くらい作るので、どれにしようか
すごくまよってしまいます。

松華堂にこの秋行けるか、まだはっきり分かり
ませんが、茶寮にもし行ったら雑誌みてみます。

塩芳軒は京都の中でも羽二重餅がとくに薄い
ほうだと思います。
はなびら餅も薄いですし。

京都でも、「末富」「緑菴」は、松屋長春のような比較的
厚手のふんわりした羽二重の「はなびら餅」を作って
いたかと思います。

京都で一番厚手の羽二重は、「生風庵」だったの
ですが、廃業して今は食べることができません。

Re: 納屋橋饅頭 - 和三坊主

2017/09/12 (Tue) 21:47:55

岐阜の松花堂の栗きんとんは、去年食べました。

芯に小豆餡を使った栗きんとんでは、今までに
食べた中で生風庵の次くらいに美味しく
ビックリするほどでした。

5月に名古屋に3泊したのですが、納屋橋饅頭の
すぐ近くのホテルで、納屋橋饅頭の前は何度も
通りかかったのに一度も開いていませんでした。

もし閉店してしまったのだとすると、本当に
残念ですね。
名古屋の名店のひとつですから。


Wikipedia 納屋橋饅頭

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%8D%E5%B1%8B%E6%A9%8B%E9%A5%85%E9%A0%AD

ここには
「業績低迷などを理由に2016年末より休業中」
と書いてありますね。


朝日新聞の記事には「閉店ではない」と
あります。

http://www.asahi.com/articles/ASK1S5W51K1SOIPE02F.html

Re: 「和」と「納屋橋饅頭」 - くうこ URL

2017/09/13 (Wed) 22:39:00

「和」は川口屋で修行してたんですね!!
是非、行ってみます、すぐには行けませんが。
昔、「和」の記事を読んだことがあって「名古屋で修行経験がある」、「きんとんの中に道明寺が入っている」と書いてあったことが記憶に残ってました。
なので、川口屋か芳光で修行したに違いない、と思ってました。桑名は名古屋から半田よりも近いし。。

塩芳軒は京都の中でも羽二重生地を薄いんですね。京都も名古屋も色々あるんですね。

納屋橋饅頭本店は閉店ではなく、休業中なんですね。失礼しました。
閉店でなくって良かった。復帰を心待ちしてます。

名古屋から戻ってきたら、結果報告愉しみにしてます!!

Re: くうこさん - 和三坊主

2017/09/14 (Thu) 06:21:06

くうこさんの書き込みを読んだかたから、
とても面白かったとメールちょうだいしま
した。

もしよかったら、冬が近づいた頃に
「冬編」もお願いします。

名古屋には10月下旬と11月下旬に行きますので、
まとめてご報告します。

和菓子の作り方 動画 - 和三坊主

2017/09/11 (Mon) 21:29:52


YOUTUBEに大間々青柳という和菓子屋さんが
こなしの作り方の動画をアップされていて、
とても素晴らしいので、ご紹介します。

https://www.youtube.com/watch?v=frfU_Ms_Pu0&t=186s

Re: 和菓子の作り方 動画 - くうこ URL

2017/09/11 (Mon) 21:58:03

この人(お店)、他にも色々とお菓子のつくり方を載せていて凄いですね。

ご紹介ありがとうございます。

Re:くうこさん - 和三坊主

2017/09/11 (Mon) 22:21:57

ええ、この動画の他にも錦玉とか葛饅頭とか
ありますね。

さらにアップしてくださいと、さきほど
お店にメールでお願いしました。

Re: 和菓子の作り方 動画 - 和三坊主

2017/09/12 (Tue) 11:25:11

大間々青柳さんより、非常に丁寧な返信を
ちょうだいしました。
ありがとうございました。

今後も同様の動画、アップしてくださるそうです。

期待しています。

秋の予定 - 和三坊主

2017/09/07 (Thu) 23:56:20


以前、お知らせしたのから、若干変更になりました。

秋田県あちこち、仙台市、福島県二本松市、棚倉町

福岡県あちこち、佐賀県あちこち、山口県下関市、
大分県中津市

京都市(大食倶楽部さんと会う予定)、岐阜県中津川市、
恵那市、静岡県掛川市、森町

兵庫県南部あちこち、篠山市、愛知県あちこち、
岐阜県八百津町(きささんに案内してもらう予定)

ひきつづき、この地域の和菓子に関する情報、お待ち
しています。

「ぜんざい最中」いなほ製菓(東京・西早稲田) - 和三坊主

2017/09/04 (Mon) 16:46:42


今、全国和菓子リストの東京23区を作るにあたって
情報をいろいろ集めているところです。

その際に見つけたのが表題の最中 求肥入り
これまで主要な和菓子ブログ、雑誌等で紹介されて
いるのを一度も見たような覚えがないので、少なくとも
和菓子ファンの間ではあまり知られていない最中
だと思われます。

求肥入り最中を食べる度に、今までずっと「求肥入れる
必要あるの?」と思ってきたけれど、この最中は
皮・餡・求肥がハーモニーを奏でています。
初めて求肥入り最中をおいしいと思いました。

和菓子ファンにとって見逃せない点がもうひとつ。

この店の商品は、「もなか」ただ一種です。
そんな店は、おそらく日本でここだけではないで
しょうか?

去年訪ねた湯布院の小松家も“おはぎ”ただ一種しか
作っておらず、ビックリしましたが、こちらの「最中
一種だけ」も同じくらいビックリです。

食べログ 該当ページ
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130503/13026396/

三はし堂 - 和三坊主

2017/09/02 (Sat) 23:05:46


全国和菓子リストの東京23区を作っている
ところなんですが、三はし堂が去年閉店して
いたことを今、知りました。

とても残念です。

きんつばと葛やきがすごくおいしかったのに。

そういえば最近デパートで販売されているの
見かけていませんでした。

京都市のリストでは第1版から第2版を作るときに
閉店していたために削除した店が10軒以上
ありました。

東京23区は、そんなに多くならないといいの
ですが・・・

更新のお知らせ - 和三坊主

2017/08/25 (Fri) 19:15:52


全国和菓子リスト 第2版 東京都下(23区以外)

を更新しました。

よかったら、ご覧ください。


東京都のリストについては、この先1年くらい
かけて、じっくり修正していきたいと思って
います。

ずいぶん前に食べて以来、ずっと食べておらず、
改めて食べてみようと思っている和菓子が
たくさんあるので。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.